今年の新入社員へのキャリアコンサルティングが必要な理由

ブログ

今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的とした緊急事態宣言が発令されたため、新入社員研修をオンラインで実施されている企業様も多いようです。

本来は5月中旬になれば研修も落ち着き、緊張しながらも少しずつ会社の雰囲気に馴染んでいる頃です。ところが今年はオンラインのみでの研修になっているため、職場の雰囲気がわからず上司やトレーナーにも質問しづらく、問題が解決しないまま、不安な気持ちを抱えて孤独を感じている新入社員もいることでしょう。

社内にブラザー・シスター制度やキャリアカウンセリング制度があったとしても、人間関係がどこかで繋がっているかもしれないと考えると社内の人には相談しづらいといった声も聞かれます。

そんな時には、当キャリア相談室のような社外のキャリアコンサルタント(国家資格)を活用されてはいかがでしょうか。

社外のキャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングには5つのメリットがあります。

  1. 新入社員が何に困っているのかを確認でき、ミスコミュニケーションが減る。人事ご担当者などの負担が減りその分本来の業務に集中できる

2. 社内の人には話せないことを本音で相談できるので、物事の解決に繋がりやすい

3.キャリアコンサルタント(国家資格)が、価値観や強みを引き出すことで新入社員の自己肯定感を高めることができる

4. 客観的に自己理解や仕事理解をしたうえで今後のキャリアプランを考えられる

5. いつでも相談できる人がいることで安心して仕事に集中できる

企業様からは、「そんなことを心配していたのか」
新入社員の方々からは、「気軽に相談できる人がいて安心できる」
といった声をいただいています。
 

「当社の業務や人材に関する情報が漏れてしまう」「転職されたら困る」と心配される企業様もありますが、国家資格であるキャリアコンサルタントには「守秘義務」がありますので、お話しされた内容を外部に漏らすことは一切ありません。また、当社は人材紹介サービスはしておりませんので、今勤めている企業様でスキルを身につけ成長することを目的としてキャリアプランを作成します。安心してご利用ください。

JR代々木駅から徒歩3分のところに当キャリア相談室がございます。1日に3名以上であれば貴社の会議室での実施も可能です。貴社でもキャリアコンサルティング制度を取り入れられてはいかがでしょうか。

弊社での新型コロナウイルス感染症の予防対策に関しては「弊社における新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 感染拡大防止の取り組み」をご確認いただければ幸いです。

まずはお気軽にこちらからお問い合わせください。

※弊社の寺本が正社員時代にテレワーク(リモートワーク)をしていたこともあり、「テレワークにおける人材育成」に関して2018年に当サイトでご紹介しました。政府系のサイトで、テレワークを推進している企業の代表や地方在住の社員の方にインタビューをした記事のリンクも貼っています。貴社でのテレワークに関して何かしらのヒントになれば幸いです。

テレワークにおける人材育成とは?

関連記事一覧