新入社員にこそキャリアコンサルティングの機会を

ブログ

各企業様では現在、新入社員研修をされている時期ですね。

新しいスーツを身にまとい目をキラキラさせて研修に参加されていることでしょう。

でもこんな数字もでています。

厚生労働省によれば新卒の社員の入社3年以内の離職率は約3割ということです。

実際、昨年代表の寺本が新入社員研修として「業務に役立ちロジカルシンキング&ポジティブシンキング研修」を担当させていただいた企業様の役員の方に確認したところ、昨年入社した新入社員の3分の1以上がすでに退職していました。

実は新入社員の離職率が高いことをお聞きしていたこともあり、昨年ロジカルシンキング&ポジティブシンキングの研修の依頼があった際、「同時にキャリア研修と個別のキャリアコンサルティングを実施されてはいかがでしょうか。」と提案させていただきましたが、「上司による個別面談を実施しているし、面談は外部のキャリアコンサルタントに頼まなくても大丈夫」との回答でした。

結局3分の1以上も退職されているとお聞きして、昨年度の新入社員の方々にキャリアコンサルティングを実施できていたらなあと残念に思っています。

社外キャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングには2つのメリットがあります。

1つめは、人事や事業部長の方々が外部のサポートを活用することで負担が減り、ほかの業務を遂行できる余裕が生まれる。

2つめは、新入社員が社内の人には話せないことを社外キャリアコンサルタントには安心して話すことができ、自己理解や仕事理解をしながら今後のキャリアプランを客観的に考えることができる。

社外の人に個別面談を依頼した場合「当社の業務や人材に関する情報が漏れてしまう」といったご心配をされる企業様もございます。
国家資格であるキャリアコンサルタントには弁護士同様「守秘義務」があります。
お話しされた内容を外部に漏らすことは一切ないので安心してお話しいただけます。

また「社外のキャリアコンサルタントに相談することで転職する気になったら困る」とご心配される人事の方もいらっしゃいます。当社は人材紹介サービスはしておりませんので、今勤めている会社でどのように成長していくのかを最重要テーマとして個別面談を行います。

そのためキャリアコンサルティング後に上司の方からお話しをお伺いすると、「キャリアコンサルティングを受けてからイキイキと仕事しています」と感謝されることも少なくありません。

何より人事部や事業部のサポート役として社外キャリアコンサルタントをご活用いただければと思います。

もちろん上司との個別面談も定期的に実施してください。
上司からの的確であたたかいアドバイスは社員の自己肯定感を高めモチベーションアップに繋がります。

社外キャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングは、若手社員が自身の強みやスキルを認識して今後のキャリアプランをたてることで会社に貢献できる人材に成長する機会と位置付けていただけば幸いです。

貴社でもキャリアコンサルティング制度を取り入れられてはいかがでしょうか。

当社のキャリアコンサルティング制度であれば、毎月4名様の従業員の方へのキャリアコンサルティングで月5万円からプランがございます。JR代々木駅から徒歩3分のところにキャリア相談室がございますので貴社の会議室もしくは当キャリア相談室をお選びいただけます。

まずはお気軽にこちらからお問い合わせください。

代表の寺本です

 

参照: 厚生労働省 新規大卒就職者の事業所規模別就職後3年以内の離職率の推移

関連記事一覧